(アニメバージョンも有ります)

エピソード4~6までの主人公は 「ルーク・スカイウォーカー」

エピソード1~3までの主人公は 「アナキン・スカイウォーカー」

そして、エピソード7~8の主人公は「レイ」

不思議なストーリー構成

気がつかれてます? シリーズの順番 不思議な事になっているでしょ。
スターウォーズファンなら 普通に知ってる事なんですが、
初めての方に少しだけ説明します。

普通の連作映画とかは初期制作映画が一番古い年代に制作されていてヒットすればその後のシリーズに若い番号付けて制作していくパターンですが、スターウォーズはちょっと変わってます。

1作目の「エピソード4」が出てから22年後に「エピソード1」ができたんです。

だったら物語が切れ切れで、バラバラな物語になると思うでしょ。

しかしジョージ・ルーカスは凄い 全作28年間のストーリーは全部つながってる。

エピソード1~3の主人公は「アナキン・スカイウォーカー」なんだけど、実は後々に、皆さんもご存じなキャラクター「ダースベイダー」になってしまう

そのキーとなっているシリーズが「エピソード3」
なぜ「ダースベイダー」になったかは「エピソード3」を見ればわかりますが
これも不思議なことですが「エピソード3」は「エピソード4」ができてから28年後です。
しかも一番最後まで制作されていなかった。

で、エピソード4~6の主人公「ルーク・スカイウォーカー」の誕生秘話が
ここで描かれている。

ダースペーダーがマスクやサイボーグ的な状態になったナゾもここで描かれている。
実はダースペーダーはマスクを被る前はイケメンだったのだ。

「エピソード6」でダースベイダーは息子との闘いで敗れるのですが、その息子がエピソード4~6の主人公「ルーク・スカイウォーカー」です。
被っているマスクを外してベーダーの顔が明らかになり、親子の絆が復活する。

どのシリーズを最初に見ても、他のシリーズやその前後の物語がどうなって行くか
ルーカスは考えたのでしょうか? 興味を引かせるために。

そしてスター・ウォーズ/フォースの覚醒(エピソード7)

このシリーズからDisney(ディズニー)が制作するようになりました。
ここでは年老いた「ルーク・スカイウォーカー」が登場する。

また、主人公「レイ」は女の子になりました。

正確にはこれが制作された次に「ローグ・ワン StarWars Story」が出てますが
いせじんはまだ見てません。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(エピソード8)が楽しみです。

5.1ch サラウンドシステム

この映画を見るのに欠かせないやつが「5.1ch」のサラウンドシステム。

これのために揃えたといっても過言でない 音響効果抜群です。

いせじん家に有るホームシアターサラウンドシステムの構成は

  • AVアンプ・・・あのエッチなAVじゃないですよーーー(パイオニア)
  • センタースピーカー・・・1台 (パイオニア)
  • メインスピーカー・・・TVの両脇に2台設置するやつ (パイオニア)
  • リヤサラウンドスピーカー・・・自分がいる後方左右に2台設置するやつ(パイオニア)
  • スーパーウーハー・・・低音用 (ヤマハ)
  • あとはブルーレイかDVDプレーヤー・・・アンプとHDMI接続 (ソニー)
    DTS・THX・DOLBIが使えるやつ

いせじんのサラウンドシステムは、ぜんぶ単品でそろえた。
もう古いけど。みんなで当時合計25万円強。

けど、そろえて良かった。音響効果、ほんとに凄いよ。

スターウォーズで戦闘シーンが有るでしょ レーザー攻撃が自分に向かって飛んでくると反射的に身体が避けてしまうほどです。 大げさではないです。

サブウーハーつけてるから、爆発するようなシーンだと凄い迫力です。

何かが動いていくシーン、右から左とか前から後ろとか、臨場感ほんとにあって凄い。

映画館に行かなくてもこれで十分な感じ!

サラウンドシステムもいろいろ有る。
本気でそろえると、数百万から、初心お試しなら25,000円程度まで。
音響メーカーもいろいろ有る。

いせじんのセットは「Pioneer」でそろえたけど、今は「ONKYO」とグループ会社。
オーディオ専門の店舗へ行って聞き比べたら、Pioneerが一番いい感じだったから。
購入を考えるなら、まず音を聞いてみて。
メーカーによって全然違うし、自分に合う奴が分かりやすい。

購入はネットでも店舗でも、自分に合った方法で。

ネットで購入するなら
どちらも「ONKYO DERECT」で購入可能。

最近は2.1chのバーチャルタイプも有って、価格帯も低いから手出ししやすい。
スピーカの配置イメージはこんな感じ。


こちらで探せます。ONKYO DERECT「ホームシアターセット」☜

あとは、いせじんのように単品でそろえる。
メインAVアンプなら 「AVアンプ」☜こちらで探せます。
フロントスピーカーなら「スピーカー」☜こちらで
センタースピーカー」☜
サラウンドスピーカー」☜
サブウーファーはお好みで、他メーカーでもOK。
「ONKYO DERECT」ならこちら「サブウーハー

設置イージはこんな感じ

「ONKYO」ホームシアターイメージ

こんな感じでコンサートDVD見るのもいいよ。
いせじんは「矢沢永吉」only、ほぼ yazawa しか見ないけど、DTSで見ると迫力ある。
まるで会場にいるみたいに・・・

今回は伊勢弁は封印してみました。難しい意味はないですけど ただ何となく・・・ですが。

おわり