台風21号の傷跡

10月22日(日)から23日(月)にかけて、台風21号が通過して行きました。
上陸をしなかったものの、いせじんのすみかの近く、645hpaの脅威で・・・

傷跡

近所の町でも河川の氾濫、伊勢市でも床上、床下浸水の被害です。

被害にあわれた方に心よりお悔やみ申し上げます。

いせじん、こんな近く(伊勢市で)でそんな水害が起こる、起こった記憶は数十年ないです。
宮川村の氾濫は記憶に新しいですが、伊勢市の「宇治山田駅」が冠水した記憶は・・・

宮川の桜堤(千本桜)は有名ですが、その堤の上までも流木が流れ着いた写真が新聞に出てました。そんな状況は数十年に一回ほどしか記憶が無い水量だと思います。
伊勢市出身で生まれ育った地は宮川にほど近い所なので、良く覚えているつもりですが・・・

異常気象

昨年あたりから、いやその前年か・・・雨、雨量の多さが際立っています。
そして、その被害が各地で発生しています。

年々、台風も巨大化しているようにも感じます。

こんな異常気象はいつまで続くんやろ?
数百年・・・数千年?
人類、すべての国が、自国の環境汚染がどれほどかと気がつくまで、いや、もう遅いかもしれないよな。たぶん。

温暖化傾向が強くなるにつれて、大雨だとか・・熱帯地方特有の気象環境に近づいて行く。

そしてまた台風、今度は22号

またまた台風が接近中。

台風22号

この地方に近づく時には、990hpaと小さそうに感じるが・・・
油断大敵!

長雨が続いて、地盤が緩くなっている所も有ると思うので、
皆様、ご注意を!

神様、もうこれ以上、被害が出ないようお願いいたします。

今日はこれで。

10月29日(日)

伊勢志摩地方やいせじんのすみか周りは大雨になってきました。
前の21号といい、雨量が多すぎやな。

また被害が出なければいいけれど・・・

ほんと、いやな降り方です。

いせじん

スポンサーリンク

シェアする

フォローする