矢沢永吉 思い出のコンサート

矢沢さんのコンサート、数回しか行った事がない。
その中の古い記憶を書いてみる。

ちょっと懐かしい話。
矢沢さんも若いから、バリバリのリーゼントで、今とは一味違ってた。

「Its’ Only YAZAWA 」                                              EIKICHI  YAZAWA CONCERT  TOUR 88′

人生最初に行ったコンサートツアー それは

The One Night Show 1979 CONCERT TOUR」だった。

鳥羽市体育館でコンサートがあったんやけど、詳しく書くと年齢がばれるので割愛。

それから年月が過ぎて9年後 ようやく

Its’ Only YAZAWA EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 88′ に行けた。

伊勢市に有る「伊勢市観光文化会館」、近鉄の「宇治山田駅」前にある。

その時のチケットがこれ 29年前のもの。よく残してあったよ。
1988年 Its Only YAZAWA

料金見てよ、4,000円。S席、A席とかなかった。確かオール4,000円。
現在は、S席 10,500円。

当時、早い者勝ちやった。
その時は会社をズル休みして電話の前に待機した。時間になるまで。
受付は電話やったから、受付開始の時間になったら電話かけまくりやった。

今のようにスマホもガラケーも無いから。固定電話でピッポッパ!

掛けても、掛けても、ずーっと話中やった。
ようやくつながった時はホッ!としたの覚えとる。 2人分。

当日になって席を探したら、相当後ろの方やった。
矢沢さんが小さく見えた。

その時のセットリストがYAZAWA’S DOORに有ったので引用させて頂きます。


セットリスト 東京ドーム(矢沢永吉公式サイト YAZAWA’S DOORより引用)

1. 共犯者                    13. くちづけが止まらない
2. 少年・パートIII                 14. ニューグランドホテル
3. SOMETHING REAL              15. Let’s Make Love Tonight
4. 天使たちの場所                16. 逃亡者
5. 光に濡れて                  17. エイシャン・シー
6. YOKOHAMA二十才(ハタチ)まえ         18. 時間よ止まれ
7. RISKY LOVE                 19. YES MY LOVE
8. バイ・バイ・サンキュー・ガール           20. さまよい
9. 古いラヴ・レター                   21. 止まらないHa~Ha
10. 雨のハイウェイ                    22. トラベリン・バス
11. I LOVE YOU,OK
12. LAST CHRISTMAS EVE
アンコール
23. 苦い雨
24. A DAY


チケットの裏側はこんな感じ

1988年 Its Only YAZAWA

「●会場内にテープレコーダー・・・持ち込み・・」って、今の人たちに通じるかな?

テープレコーダー? カセットテープ? とか? 通じる?

時代を感じさせるやろ。 昭和。

こんなこともあった。
今のコンサート会場では絶対にあり得ないことやけど、克明に記憶に残っとる。
客席の前の方でもめ事が始まって、ようは喧嘩なんやけど・・・

永ちゃん、突然、歌止めて・・演奏も止めて・・・ しばらく沈黙した後

「お前らーー やめろーー!」

「聞いてないんだったら出てけーーー!」って

マイクで叫んだ。 ほんと迫力やよ。 ヤバイって感じ。

会場はしぃーーーーんと、それまでの歓声とか・・しぃーーーん となった。

永ちゃん、警備員さんに外にだせっ!」って叫んだ。・・・ほんとに外に出させた。
それから何もなかったように、続きを始めた。

迫力あったよ、永ちゃん。38才の頃やからな。

「BIG BERT」                          EIKICHI YAZAWA CONCERT T0UR 1991

Its’ Only YAZAWA 」から3年後、また、矢沢さんが伊勢にやってきた。

感激やった。 また会えた。  会場は「伊勢観光文化会館」

BIG BERT EIKICHI YAZAWA CONCERT T0UR 1991


セットリスト 横浜スタジアム(矢沢永吉公式サイト YAZAWA’S DOOR より引用)

1. RUN&RUN                 11. ウィスキー・コーク
2. 世話がやけるぜ               12. キャロル
3. “カサノバ”と囁いて               13. ラスト・シーン
4. さめた肌                  14. BITCH(message from E)
5. DON’T WANNA STOP             15. レイニー・ウェイ
6. 夢の彼方                               16. 天使たちの場所
7. 夏の少年                               17. 止まらないHa~Ha
8. HEY BOBBY                              18. PURE GOLD
9. BIG BEAT
10. セクシー・キャット
アンコール
19. 苦い雨
20. トラベリン・バス
21. 親友
22. GET UP


チケット争奪戦、3年前と同じやった。電話でね。
時間になるまで固定電話とにらめっこ。 時間になったら ピッポッパッ!

今みたいにネット無いから。 今の時代は便利だね。

必死でピッポッパッ! で、ようやく取れた席 2人分。
またまた、矢沢さんが小さくしか見れんかったな。

料金は5,150円になって、プロモーターも変わった。
プロモーター何で変わったか?

矢沢永吉著書「アーユーハッピー?」に書いてある。

BIG BERT EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 1991

「●会場にテープレコーダー・・・ビデオカメラ・・持ち込み・・」

時代は「平成」、ビデオカメラも有りか。
あの当時、ビデオカメラもデカかったから、完璧持ち込み無理でしょ。今考えると。

この時もトラブル有ったな。
一升瓶持ち込んで、グテングテンに酔っぱらった奴。
気づいた矢沢さん。演奏止めて。

静かに言った。

「警備員さん!そいつ外出して!」

2人の警備員さんに抱えられて、会場から出された。

迷惑な話と思うよ。
お金を払って楽しく過ごしたいのに、同じ金出して、嫌な思いをしているわけだから。

若き頃の話で、たぶんそいつと同じ年代やから、勢いってのも有るけど、やっぱり他の人に迷惑をかけるのはダメ!、今おっちゃんになって改めて思う。

せっかくお金だしてコンサート行くんやから、楽しめなければね。

矢沢永吉コンサートツアー「TRAVELING BUS 2017」        今日は、2017年11月25日(土) 日本ガイシ開催!!!    晴れ!!!。

このコンサートは子供も連れて行くんや。子供っ言ってももう社会人やけど。

今の時代、ほんとにトラブルも無く、楽しいコンサートになったと思う。
みんなに一体感があって。

誰かがね、あの有名な「YAZAWAタオル」で波をイメージさせると、その1ブロックでタオルの波が起こって、それが会場全体に波及してくんや。

自然と、そうゆうのが始まる。

だから、2時間30分がアッ!とゆうまに終わってしまう。
そこは残念やな。

いせじんの「矢沢永吉」の思い出。

おわりっ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする